記事一覧

暴落時のオプション戦略<コール編>

 こんにちは。

昨日はダウが急落し、それにつられて225先物も急落しました。

今日はお休みなので、夜更かしして昨夜の急落劇をリアルタイムで見ていました。

以前、ACさんの「ボラが微笑むから」で暴落時のオプション戦略についての記事を拝見したことがあるのですが、それに比べるとはるかにレベルの低いお話になるのですが、私も書いてみようと思います。もちろん、実践的なお話です。

暴落時に利益になるのは、プット買いとコール売りですが、ここでは、コール売りについて書きます。私は、オプションの理論についての知識がイマイチで、私の経験・体感に基づく内容で書いていますので、間違っていたらすいません。

私は、現在、コールは売り玉として2C23500,23625,23750と3C25000を持っています。以前から持っていたものと昨日の夜間に建てたものです。ヘッジのコール買い玉もありますが、それはここでは省略します。

昨夜、これらのコール売り玉が指数の急落と戻しに合わせてどんな値動きをしたか正確に言えますか?

指数のチャートを見ながらこれを正確に答えられる人は、間違いなくオプション上級者です。

ナイトのオープンとクローズだけ見れば、もちろん値下がりしているだけなのですが、途中の動きは、複雑です。

簡単に言いますと、(ある程度以上の)急落時には、プットとコールの両方のIVが上がりますので、指数が下げてもコールの値下がりが弱めとなります。これは常識レベルですね。

では、そこから戻しが入ったらどうなるでしょう。
例えば、指数が23300円の時に2C23500が110円、23100円の時に70円だったとします(当日の最安値が23100円とします)。この後、指数が23000円になって2C23500が60円になって、23100まで戻した場合、同じ70円とはならず、75円とかになります。
これが期近の場合です。

昨夜の期先はどう動いたのでしょうか。

SQが近い時の期先は、期近よりも急落時・急騰時にIVが盛り上がらないことが多いと思います(違っていたらすいません)。暴落・暴騰時にはまた変わると思いますが。

昨夜は、指数の動きにつれてIVも上がらず(昨夜程度の動きでは)、期先は指数の動き通りでした(一例をあげれば3C25000も同じ動きでした)。

 以上のことを知識として、急落時にコールで利益を上げようと思ったら、どうするのが良いのでしょうか。

私なら、レシオを組みます。さらに下落した場合と下げ止まって動かない場合には簡単に利益になります。

問題は、急反発された場合です。これに対応するには、ヘッジを入れておかないと危険です。
ヘッジの入れ方や玉と玉の間隔についてはケースバイケースですので、ここでは割愛します。これが肝で実力次第のところではありますが。
一方で、レシオを入れていて急反発されたときは大きな利益が狙えるチャンスでもあります。

それでは、次回は今月SQ日あたりにまた損益を公開させて頂きます。
よせばいいのに今週火曜日に欲を出してポジションを再構築しましたので、来週の乱高下の中で、利確するまでのあと数日でどうなることやらという感じですが(-_-;)

プロフィール

ゆふ

Author:ゆふ
初めまして。
私は、本業の傍らで日経225オプションを主に取引しております。
2016年12月に素人から始めて、1年経ったところでブログを始めさせて頂きました。
実力は、安全に安定して利益をあげておりますので、上級者の真ん中くらいかと思いますが、経験が浅く、知識も多くはありません。
相場観を入れずに戦略を組んでおり、利益を多く出すことよりも、絶対に負けないことを大切にしております。
どうぞよろしくお願い致します。

ブログ開設の理由
①絶対に負けないための自分への戒め。
②個人でオプションを専門にされている方との交流。
③友人たちが様々な世界で活躍して有名になっていく中で、自分も新しい世界に挑戦したい。

将来の夢
投資で得られた利益を使って、世間に埋もれている優秀な若者を支援する団体を投資仲間と共に立ち上げること。


ご意見、ご連絡先
225optionist@kanto.me

カウンター